楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

下呂温泉 まごころと味の宿 吉泉館 竹翠亭 クチコミ・感想・情報

  • クチコミ・お客さまの声(53件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索


下呂温泉 まごころと味の宿 吉泉館 竹翠亭のクチコミ・お客さまの声

総合評価
  • 3.95
  • アンケート件数:53件
評価内訳
項目別の評価
  • サービス3.89
  • 立地3.79
  • 部屋3.58
  • 設備・アメニティ3.74
  • 風呂4.29
  • 食事4.44
宿泊年月
キーワード
同伴者
年代
性別

絞り込む

絞り込みを解除

[並びかえ]

2件中 1~2件表示

  • [ 1 | 全 1 ページ ]

設備・アメニティ3

ななちゃこふさんの 下呂温泉 まごころと味の宿 吉泉館 竹翠亭 のクチコミ

ななちゃこふさん [20代/男性] 2020年11月10日 16:35:41

夫婦で利用しました。妻(私)は安定期の妊婦です。(主人のアカウントから投稿しているため、性別表示は男性になっています。)

【良かった点】
・観光のメイン通りから少し離れていますが、歩ける距離です。
・カウンターの方の対応が良かったです(チェックイン予定時間より早い到着でしたが、快く案内してくださいました)。
・家族風呂の浴槽が広く深く、補助椅子もあったので妊婦としては助かりました。
・お料理の味がどれも優しく、美味しかったです。
・家族風呂を利用しましたが、温度も良く満足できました。

【悪かった点】
・部屋のトイレの排水口があまりにも臭く、部屋のトイレは全く使えませんでした。隣接している洗面所にも匂いが漏れており、非常に不快でした。主人曰く、大浴場でも同じ匂いがしたそうです。
・お料理の給仕が本当に酷かったです。後半の料理は、主人の分も私の前に次々置かれたため、バケツリレーをしている気分になりました。下膳しないのなら、せめて各人に配膳するくらいのことはして欲しかったです。(その割に、常連と思しき男性一人客の方と給仕の方が歓談されていたので、蔑ろにされている気分になりました)
・夕食は18時半からと聞いていたのですが、18時に電話で会食場へ呼び出されました。電話もかなりぶっきらぼうでしたし、濡髪で食事をすることになってしまい、残念でした。
・壁付きの鏡も部屋設置の鏡もありませんが、洗面所のライトが赤色灯です。女性はお化粧用に鏡の持参をおすすめします。
・お部屋の眺望が全く望めないことは、事前に知りたかったです。また、障子には小さな穴があり、ロールカーテンは傾いていたので、窓側が少しみすぼらしく、見ないようにしていました。

レビューを評価してください

このレビューは参考になりましたか?

不適切なレビューを報告する

旅行の目的
レジャー
同伴者
家族
宿泊年月
2020年11月
ご利用の宿泊プラン
【お連れ様半額】お得なカップルプラン★夕食は「飛騨牛しゃぶしゃぶ付き会席」を!
ご利用のお部屋
【和室8~10畳(全室ウォシュレット付)】

設備・アメニティ2

2人中1人の方が参考になったと投票しています。

投稿者さんの 下呂温泉 まごころと味の宿 吉泉館 竹翠亭 のクチコミ

投稿者さん 2020年06月09日 20:44:47

結婚記念日の旅行で予約しました。贅沢に部屋食でお祝いしたかったため、数少ない部屋食プランに対応していたここの旅館に決めました。部屋に着いてすぐに夕食は食事処という説明があり、おかしく思って確認したところ、コロナの影響のため部屋食はやっていないとのこと。【部屋食確定プラン】だということでここに決めたことを話し、今回は特別にということで部屋食にしてもらいました。線路の近くの部屋ということもあり、電車の音がうるさく全然落ち着きませんでした。お風呂や料理は特に問題もなく満足だっただけに大変残念でした。今回の宿泊は私たちにとって苦い思い出となりました。部屋食を希望される方は事前に旅館に確認した方がいいです。

レビューを評価してください

このレビューは参考になりましたか?

不適切なレビューを報告する

旅行の目的
レジャー
同伴者
家族
宿泊年月
2020年06月

2件中 1~2件表示

  • [ 1 | 全 1 ページ ]
ケータイで
お客さまの声を
チェック!
QRコード ケータイに送る

ホテル・旅行のクチコミTOPへ


このページのトップへ