楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

洞窟風呂の宿 百楽荘 クチコミ・感想・情報

  • クチコミ・お客さまの声(1604件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索


洞窟風呂の宿 百楽荘のクチコミ・お客さまの声

総合評価
  • 4.63
  • アンケート件数:1604件
評価内訳
項目別の評価
  • サービス4.65
  • 立地4.34
  • 部屋4.22
  • 設備・アメニティ4.51
  • 風呂4.42
  • 食事4.56

風呂5

2人中2人の方が参考になったと投票しています。

投稿者さんの 洞窟風呂の宿 百楽荘 のクチコミ

投稿者さん 2016-10-25 14:19:24

今回、初めての能登で、初めて百楽荘を連泊で利用させていただきました。
入り口から玄関前でのおもてなしはとても素晴らしかったです。
チェクインまで一時間くらい早く着いてしまったので、早速、釣りをすることにしましたが、一時間で10匹くらい釣れましたが、サビキの仕掛けが関西風だとはわからずにおまつりの連続でした。
この釣りもそうですが、全体的に説明が不足している場面が多々あったことが残念です。
チェックインして部屋に入ると素晴らしい景観でした。
部屋のお風呂も貸し切り風呂も大満足でしたが、初日の貸し切りしか予約の説明を受けていなかったので、二日目は入れずに残念でした。
一番の問題は食事です。
私は色々と旅は趣味にして各地の食材を味わってきましたが、正直、料理の全てが地元の食材なので駆使したものかもしれませんが、なんとなく自己満足感が表に出てさほど美味しくなかったです。
料理の説明も満足にできないスタッフがいたり、品書きに書かれている魚がどれかをお造りの中を聞いても、今回はその魚は入っていないなど、いい加減な部分も問題です。
その上、お客に焼かせたりする料理が多く、とても面倒くさかったです。
朝食さほどといった感じで、個室だったにも関わらず、となりにギャーギャー騒がしい子供連れの客がいたりして配慮にかけると思いました。
二日目の朝食は、味気ないので生卵を注文したのですが、会計時に確認したら50円しっかりついていてせこさを感じました。(部屋の冷蔵庫が無料ならば生卵くらいタダでいいのでは)
施設内が素晴らしいのに、料理内容とそこに関わるスタッフが今一つで残念極まりなかったです。

レビューを評価してください

このレビューは参考になりましたか?

不適切なレビューを報告する

評価
  • 総合3
  • サービス2
  • 立地3
  • 部屋5
  • 設備・アメニティ4
  • 風呂5
  • 食事1
旅行の目的
レジャー
同伴者
恋人
宿泊年月
2016年10月
洞窟風呂の宿 百楽荘 2016-12-01 21:04:16

過日はご来荘頂きまして誠にありがとうございました。
率直なご感想をお寄せ頂き、重ねて御礼申し上げます。
2泊ご滞在頂きましたのに、残念とのお言葉を頂戴し、大変申し訳なく、誠に遺憾に存じております。

また、当荘にて釣りをお楽しみ頂け何よりでございます。
釣り道具をお渡しさせて頂く際には、必ずご説明を致しておりますが、説明不足となってしまい誠に申し訳ございませんでした。関係各所に伝え、改めて指導致して参ります。

お食事につきまして、皆様に能登の幸をご堪能頂くべくご用意致しておりましたが、率直なご感想を賜り誠にありがとうございます。より一層皆様にご満足頂けます様料理長ともども、料理内容につきまして検討して参る所存でございます。
お食事処のご用意につきましても私共の配慮が至らず、誠に申し訳ございません。
お客様目線を第一にと常々指導致しておりますが、このような至らぬ応対をお伝え頂き、大変ご迷惑をお掛け致してしまった事、私共の指導不足とただただ深く恥じ入っております。

私共の対応の悪さに至らなさにつきまして、率直なお気持ちをお伝え頂きました事、誠にありがたく存じております。
いま一度、私共のご提供するおもてなしの本質を鑑み、全体の管理を見直し、九十九湾の立地を生かし、またお客様にお寛ぎ頂ける空間をお作りできますようスタッフ一同精進致します。
改めて心よりお詫び致しますと共に、 ご来荘御礼申し上げます。

ご利用の宿泊プラン
【基本プラン】~能登を味わい、景色を愛でる“選べる会席”プラン~
ご利用のお部屋
【◆蓬莱-hourai露天付-水滸◆【特別室】15年春OPEN】

このページのトップへ