楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

奥道後 壱湯の守(いちゆのもり) クチコミ・感想・情報

奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(1394件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索


    奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)のクチコミ・お客さまの声

    総合評価
    • 4.23
    • アンケート件数:1394件
    評価内訳
    項目別の評価
    • サービス4.20
    • 立地4.13
    • 部屋4.00
    • 設備・アメニティ3.80
    • 風呂4.67
    • 食事3.90

    総合4

    Tk3515さんの 奥道後 壱湯の守(いちゆのもり) のクチコミ

    Tk3515さん [60代/男性] 2021-04-20 21:13:07

    2年前の4月に初利用した時、大浴場が私の好きな硫黄泉で内湯、露天、脱衣場が広い、食事会場も広いのが気に入ってまた利用したいと思ってました。今回コロナの第4波の兆しで行くのはかなり迷いました。案の定個人客は少なかった。
    夕食時、某会社の新入社員研修の団体と一緒になりましたが、正直嫌だったのが、グループ客は喋りながら料理を取る、いくらマスクを着用していても気になります。それと時々大声での笑い声! かなりその団体から離れたテーブルに座りましたが、何故か他のテーブルの空きが多いにも関わらず私の近くのテーブルに座る、場所を移ってもしばらくするとまた私の近くに来る。結局3回テーブルを移動しました。できれば団体客と一般客のテーブルをツイタテみたいなもので仕切ってほしかった。朝食時も1回場所を移動しました。TVで日本人はマスク着用率は高いが、ソーシャルディスタンス率は低いと言うことを言ってました。
    そういうこともあってあまり落ち着いて食事出来ませんでした。ただ食事は美味しかった。夕食は酒を飲みながらもあって白米を食べなかったが、朝食で食べたら白米がすごく美味しかった。
    コロナが収束したらまた来たいです、今度はゆったりと夕食を味わいたいです。

    レビューを評価してください

    このレビューは参考になりましたか?

    不適切なレビューを報告する

    評価
    • 総合4
    • サービス3
    • 立地3
    • 部屋4
    • 設備・アメニティ3
    • 風呂5
    • 食事4
    旅行の目的
    レジャー
    同伴者
    一人
    宿泊年月
    2021年04月
    奥道後 壱湯の守(いちゆのもり) 2021-04-26 18:01:44

    いつも奥道後壱湯の守をご利用頂きまして誠にありがとうございます。長年にわたり当館をご愛顧頂き、心より感謝申し上げます。また、当館の温泉をお気に入り頂き大変嬉しく思います。

    しかしながら、食事会場の件でご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございませんでした。細心の注意を払い、今後より一層三密強化に努めてまいります。頂戴致しました貴重なご意見は、今後のサービス向上の改善に参考にさせて頂きます。

    バイキングの他にも瀬戸内の山海の幸を思う存分堪能できる会席料理のプランも販売しております。ゆったりとお食事を楽しみたい方にオススメでございますので次回ご来館頂く際参考にして頂ければと思います。

    当館自慢の温泉は美人の湯と名高い奥道後温泉を源泉かけ流ししておりますので、泉質ならではの色や匂い、肌触りを体感頂けます。地元の方問わず、県外からお越し頂くお客様に愛されている温泉でございます。

    今後もより良い宿づくりに励んでまいりますので引き続きご愛顧頂けると幸いでございます。またのご来館を心よりお待ちしております。

    奥道後壱湯の守 スタッフ一同


    このページのトップへ