楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

三木屋 参蒼来 -SAGIYA SANSORAI- クチコミ・感想・情報

  • クチコミ・お客さまの声(219件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索


三木屋 参蒼来 -SAGIYA SANSORAI-のクチコミ・お客さまの声

総合評価
  • 4.37
  • アンケート件数:219件
評価内訳
項目別の評価
  • サービス4.54
  • 立地4.20
  • 部屋4.08
  • 設備・アメニティ3.79
  • 風呂4.22
  • 食事4.56

総合4

ちゃちゃじじさんの 三木屋 参蒼来 -SAGIYA SANSORAI- のクチコミ

ちゃちゃじじさん [60代/女性] 2020-06-21 09:00:54

温泉街での立地ではないので、一度入れば出歩くという環境ではありませんが、ゆっくりと
温泉を楽しむ、休むということではいいお宿です。敷地が広いようなので車の騒音などもあまり聞こえず、鳥のさえずりや庭の池の水音などが。温泉は無色透明で少し熱めでしたが慣れると心地いい湯温でした。古くからの和風旅館をリノベーション途中というお話で、お風呂も内湯と露天風呂のみですが、大規模旅館でないため、ほぼ貸切のような状態でゆっくりと楽しめました。食事処も回廊の中庭の花盛りのつつじを愛でながら、フレンチレストランのような素敵な空間。天童木工さんのテーブル、イスもマッチしていて、いい雰囲気でした。私たちには少し塩味が強いかなと感じたものもありましたが、月山竹の素焼きや芋煮も美味しくて、山形牛もリクエストしたレアの焼き加減が◎で大満足でした。サーブしていただいたスタッフの方とのお話も楽しかったです。日本酒も目移りするほど。ワインも地元山形ワインのグラスかハーフサイズがあれば、なお良かったかな?(最近、抜栓しない状態を保ったままサーブできるワインオープナーがあるので、ぜひ導入してほしいです)
ドリップコーヒーなどもフリーで部屋持ち帰りもでき、ゆっくりと楽しめました。少しずつ日常が戻ってくると思いますが、お宿の皆様の笑顔がしっかりと戻ること、益々のご繁栄を願っております。お世話になりました。

レビューを評価してください

このレビューは参考になりましたか?

不適切なレビューを報告する

評価
  • 総合4
  • サービス4
  • 立地4
  • 部屋4
  • 設備・アメニティ4
  • 風呂4
  • 食事4
旅行の目的
レジャー
同伴者
家族
宿泊年月
2020年06月
三木屋 参蒼来 -SAGIYA SANSORAI- 2020-06-27 09:44:37

この度は、数ある中からお選びいただき、ご来館賜りまして誠にありがとうございます。
お励ましにスタッフ一同感激しております。
お書きいただきましたとおり、広い敷地をいかした庭には、いろいろな鳥が来ては皆様を和ませてくれます。特にキジは、ほぼ毎日のように羽休めに訪れ、独特の鳴き声で存在感があります。このキジにちなみ、リブランドを機に東側の棟を「雉音~きじね~」と名付けました。日常、意識しないと耳に入らない鳥の声や自然の音が聞こえ、庭の先にある田んぼや畑の風景も相まって、懐かしい田舎に帰ってこられたような、そんなくつろぎの場になればと思っております。
また、ちょうど回廊の中庭にあるサツキが満開のときでしたので、リニューアルしたダイニングからもお楽しみいただけてサツキも喜んでいたと思います。
お褒めいただきました料理は、山形の旬と郷土料理をお伝えできるよう献立をしておりますご指摘の塩味は、強くならないよう気を付けます。
ワインは、地元のものをお出ししておりますが、ハーフボトルとグラスワインもご用意しております。メニュー表が日本酒の反面で分かりにくく、またご案内不足で大変申し訳ございません。ワインの栓は、鮮度を保つものを現在も使っておりますが、ワインオープナーは検討させていただきます。
最後に、スタッフ一同一丸となって少しずつでも前に進んでまいります。たくさんのご意見をいただき感謝と重ねて御礼申し上げます。
またのお越しをお待ちしております。

竹田

ご利用の宿泊プラン
【楽天スーパーSALE】50%OFF!最大22時間ステイ~「山形牛ステーキ」がメインの会席~
ご利用のお部屋
【【日本庭園を望む客室】和室又は和室ベッド/30平米以上】

このページのトップへ