楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

ホテル 水明閣 クチコミ・感想・情報

ホテル 水明閣

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(195件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索


    ホテル 水明閣のクチコミ・お客さまの声

    総合評価
    • 4.56
    • アンケート件数:195件
    評価内訳
    項目別の評価
    • サービス4.56
    • 立地4.17
    • 部屋4.44
    • 設備・アメニティ4.39
    • 風呂4.11
    • 食事4.71
    宿泊年月
    キーワード
    同伴者
    年代
    性別

    絞り込む

    絞り込みを解除

    [並びかえ]

    1件中 1~1件表示

    • [ 1 | 全 1 ページ ]

    設備・アメニティ4

    3人中3人の方が参考になったと投票しています。

    投稿者さんの ホテル 水明閣 のクチコミ

    投稿者さん 2012年07月29日 10:39:03

    きれいなお部屋で寝心地よく、よく眠れました。大浴場のお風呂は足を伸ばしてゆったり入ることができて気持ちよかったです。

    仕事柄、一人で各地の宿に泊まりますが、この宿は一人客に対する配慮が足りないように思いました。

    朝食のとき、団体の朝食席と同じテーブルに席を配置されました。(他に離れた単独席があったにもかかわらず)

    すでに食事中の団体客と同じ扱いになって忘れられてしまったようで、ごはんも、玉子を焼くための火も、いちいち係りの人に頼みにいかなければ対処してもらえず。
    それは係りの人も忙しいですからまあいいとして、隣の団体客の女性陣にじろじろ見られながら食事することになりました。向こうからすれば、部外者が一人同じテーブルに着くのだから迷惑だったと思いますが。

    ビジネス目的で泊まる場合はよいですが、休暇目的なら一人はお勧めできません。

    レビューを評価してください

    このレビューは参考になりましたか?

    不適切なレビューを報告する

    旅行の目的
    レジャー
    同伴者
    一人
    宿泊年月
    2012年07月
    ホテル 水明閣 2012年07月30日 09:38:09

     この度はホテル水明閣をご利用頂き有難うございます。
    また、せっかくのご旅行に際してご朝食時の対応に多々不備がありましたことに深くお詫び申し上げます。
    誠に申し訳ありません。

     当館では団体・グループのお客さまをはじめ、お一人でご利用頂くことも多くございます。
    今回ご指摘を頂戴した様々な配慮が行き届かなかった点は、
    当館が心がけている「一期一会」の精神と全くかけ離れてしまいました。
    当館は、このたびの件を大変重く受け止め、二度とこのような事が無いよう
    スタッフ一同、サービス改善に努めて参ります。

     当館のご指名・ご利用並びに貴重なご意見を頂戴しましたことに心より感謝申し上げますとともに、
    またのお越しを頂けるよう心よりお願い申し上げます。

    ホテル水明閣
    総支配人 佐藤英夫

    ご利用の宿泊プラン
    インターネット接続OK☆大好評★1泊朝食5,250円キャンペーン【早期得割】
    ご利用のお部屋
    【【洋室シングル又は6畳和室】ビジネスや一人旅に最適なお部屋】

    1件中 1~1件表示

    • [ 1 | 全 1 ページ ]
    宿泊プラン一覧
    ケータイで
    お客さまの声を
    チェック!
    QRコード ケータイに送る

    ホテル・旅行のクチコミTOPへ


    このページのトップへ